胃の中のちくわ、大海を知らず

狭い世界で過ごしている記録

参考書を買った

 

資格取得のために参考書を2冊買いました。

 あと+αでもう1冊紹介します。

 

 

 

基本的に参考書を購入するときのポイントとして、

巻末にまとめて回答が載っているものではなく、問題のあとすぐ回答が来るタイプを選んでいます。

この書籍は年単位で問題集と回答集を繰り返し載せていたので即買いました。

一つの問題にこだわってしまう癖があるので、分からないところは瞬時に解決したいんですよね。

まぁ正直過去問だけならネットに落ちてるので本買う必要もなさそうですが。気合いを入れるためでもあります。

 

 

 

一昨年コン技士を一夜漬けで受検してしまったので、診断士は計画的に勉強します。

といっても4月20日からe-learningなので、計画的に勉強はできそうです。

ただ、受検日は12月。e-learningだけで勉強をやめていたら覚えているわけがない。

ということで本も購入しました。

パラっと見たけど結構エグそうなので冷や汗たらたらです。

分からないところは上司に教えてもらうことにします。

 

 

  • インテリアコーディネーター(おまけ)

 

小学生のころ、13歳のハローワークにインテリアコーディネーターの項目があり、一時期将来の夢としていました。

ただ非常に自分自身のセンスを磨かないといけない職業なのだ、と早々に怖気づいてやめました。小さいころから自分に自信はなかった。

 

受検するつもりはありませんが、インテリアの歴史や家具の構造などとても面白そうだったので読んで勉強してみようと思います。